+39 347 2301915

ヴィア フェラータ

ヴィア・フェラータとは、ワイヤーロープやはしご、木製の歩道や吊り橋のように固定された設備などが整っている登山コースを指します。この人工的な設備は、経験の少ない登山者でも、岩場や崖の上のコースを安全に通行し、頂上まで達することができるようにするものです。 ヴィア・フェラータ

ヴィア・フェラータの発祥について

そもそも、ドロミーティのヴィア・フェラータは、1915年から18年の第1次世界大戦において、国境線での厳しい戦闘時に、主に軍事目的として造られたものです。その後、観光業がそのワイヤーロープやはしごを再び価値のあるものにし、多くの人が親しめる登山施設にしました。

ヴィア・フェラータ を登るために必要な装備について
安全にヴィア・フェラータを登るためには、山歩きに使用する通常の装備(適正な服装、登山靴、リュック、救急用品、飲食物)以外に、適切な装具が必要です。ヘルメット、登山用ハーネス、ヴィア・フェラータ用のセット、ヴィア・フェラータ用の手袋は、必ず取り揃えなければなりません。この内の、ヴィア・フェラータ用のセットとは、2本の短いカラビナ付のロープと、リギングプレート(摩擦などを使って、墜落の衝撃を和らげるショックアブソーバーの機能を持つ器具)を指します。

Sulla ferrata degli Alpini al Col dei Bos


多くのテストにおいて、リギングプレートを装着していなかった場合、落下時にカラビナが壊れ、時々、ロープが切れるという結果が出ています。 ヴィア・フェラータ
雪のあるところではピッケルやアイゼンも必要になります。また、ヘッドランプは戦争時に軍隊によって掘られた多くのトンネルの中に入るためには、必要不可欠なものです。

ヴィア・フェラータを登るための技術とアドバイス

  • ヴィア・フェラータでは、いつ岩が落ちるか分かりませんので、登り始める前に、ハーネス、ヴィア・フェラータ用のセット(ランヤード)、ヘルメットを装着します。
  • ワイヤーロープが設置されているところでは、直接、カラビナを固定のロープに通します。
  • カラビナは一つでは安全とはいえません。ワイヤーロープは、壁にボルトを打ち込んで固定してありますので、先に進むのをカラビナが妨げてしまいます。そのため、固定ロープからカラビナを一旦外し、ボルトを超えたところでまたすぐに装着しなければなりません。カラビナ一つだけの使用では、架け替えの時、壁からの保護がなくなり安全ではありません。しかし、カラビナを二つ使用すれば、固定ロープに常につながっている事が出来ます。
  • 二つのカラビナは必ず連続で使用し、二つ目を外すのは、一つ目をボルトの先に結びつけた後にします。
  • 片方の手はロープを持ち、もう片方の手は岩の突起部分などを利用します。カラビナはロープを滑らせるため、手より前に装着し、常に手で掴んでおきます。
  • そして大事なのは、うまく足を利用し、蹴ったりして前に進むことです。
  • ふたりの人が、ボルトで区切られた同じロープ区間にいては絶対にいけません。ボルトの二つ先にいるようにします。そうしないと、前の登山者が万一落下した場合、後から来る登山者は、それに引きずりこまれてしまいます。
  • ヴィア・フェラータ用セットの購入時には、カラビナは、一般的なものでなく、オートロック式の物を選びましょう。
  • 落下した場合には、ヴィア・フェラータ用セットを後で必ず交換して下さい。

ヴィア・フェラータ

ヴィア・フェラータの困難度と危険性について

ワイヤーロープの難しさは、壁に垂直に配置されたものや、突起部分、足場の量により異なります。ヴィア・フェラータ

ヴィア・フェラータはより簡単なものを ”センティエーロ・フェラート“ と呼び、より複雑で困難なものを ”ヴィア・フェラータ”と呼んでいます。 最も易しいコースでも雪や氷の影響、または思いがけない天候の変化で危険で困難なものになり、登山者に対して重大な問題を引き起こすことがあります。最終的には、行程の長さが、フェラータの難度を決定します。

ヴィア・フェラータの経験がない登山者には、必ず山岳ガイド(岩登りのスペシャリスト)との同行をお勧めします。


Scroll Up